<仙谷担当相>7月人事延期も 国家公務員法改正遅れた場合(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は5日の記者会見で、国家公務員法等改正案の審議入りが遅れていることに関し、成立がずれ込んだ場合は「7月の慣例的な人事を延ばすことも考えざるをえない」と述べた。改正後は、全省庁の部長級以上の約600ポストに関し、内閣人事局が作成管理する「幹部候補者名簿」から登用する。人事局は4月1日設置とされており、成立が遅れると名簿作成もずれ込み、7月の人事に間に合わない可能性がある。

石綿禍、2審も原告勝訴 近鉄に賠償命令(産経新聞)
<年賀はがきコンクール>受賞者決まる 応募2万3493点(毎日新聞)
<インスリン事件>24歳看護師逮捕 京大病院の担当者(毎日新聞)
クロマグロの禁輸阻止へ全力=農水相(時事通信)
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑−警視庁(時事通信)
[PR]
by qikm3pdod7 | 2010-03-08 02:31


<< 練馬の朝摘みイチゴ、即完売(産... 弘道会本部を家宅捜索=みかじめ... >>