統幕学校の田母神氏拒否 理由は「政府と異なる見解を公に」(産経新聞)

 政府は16日の閣議で、田母神(たもがみ)俊雄前航空幕僚長が、統合幕僚学校から3月5日の卒業式に招待されながら、後に出席を拒否された問題について、答弁書を決定した。自民党の馳浩衆院議員の質問主意書に答えた。

 答弁書では、渡辺隆統幕学校長が田母神氏に出席を断る連絡を行った際、その理由について「航空幕僚長であった当時、政府の認識と異なる見解を公にしたことが極めて遺憾だとの政府の認識を踏まえて説明した」としている。

 防衛省が出席拒否を通告したとの見方に関し、答弁書は「防衛省の内部部局等から統幕学校に対し(田母神氏に欠席を求める)通告を行った事実はない」と明記した。田母神氏は「村山談話」で示された政府見解と異なる歴史認識を盛り込んだ論文を発表して更迭された。

【関連記事】
田母神氏開設の「歴史・国家観講座」を廃止 防衛省統合幕僚学校
統幕学校、田母神氏の卒業式出席を一転拒否
田母神論文「組織的に一企業に協力」 防衛監察本部
田母神氏、平和祈念式「左翼ばかり参列」
「事なかれ主義のトップはいらぬ」田母神俊雄氏
20年後、日本はありますか?

地球温暖化対策基本法を内定(時事通信)
三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず−装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
<取り調べ可視化>議連が国会提出申し入れ(毎日新聞)
<雑記帳>愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」(毎日新聞)
社民、苦悩の連立維持…自衛隊「合憲」原発「容認」(読売新聞)
[PR]
by qikm3pdod7 | 2010-03-17 00:45


<< <将棋>羽生が猛攻、終盤へ 王... 直接支払制度の影響で約5千人の... >>