空港事業認定は適法=「公益上の必要あった」−静岡地裁(時事通信)

 静岡空港建設に絡み、未買収用地の強制収用を認めたのは違法などとして、地権者らが国に土地収用法に基づく事業認定の取り消しを求めた訴訟の判決が18日、静岡地裁であり、川口代志子裁判長は「収用すべき公益上の必要があり適法だ」として請求を棄却した。原告側は控訴する方針。
 原告側は、静岡県の過大な空港需要予測に基づく事業認定を違法と主張したが、「予測と実際の結果に異なる部分があっても、事業認定当時の予測としては合理性を是認できる」と退けた。
 また、空港西側私有地に開港直前まで航空法上の高さ制限を超える立ち木が残ったことについては「事業に多大な影響を及ぼす可能性があった」と指摘。しかし、「収用の瑕疵(かし)が違法になるとまではいえない」と国側の主張を認めた。 

慢性の痛み、薬の大半が適応外使用―明細書発行に懸念も(医療介護CBニュース)
移設問題が影響?米国務次官補、訪日中止(読売新聞)
<岡田外相>日米密約の有無、政府見解出さず(毎日新聞)
官邸に情報連絡室設置=政府(時事通信)
<盗品カーナビ>1億円荒稼ぎ 容疑の16人逮捕 大阪(毎日新聞)
[PR]
by qikm3pdod7 | 2010-03-20 00:04


<< 駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女... <将棋>羽生が猛攻、終盤へ 王... >>