水谷建設幹部の名刺押収=石川議員事務所から−「裏献金手渡し役」・東京地検(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部が衆院議員石川知裕容疑者(36)の議員会館事務所から、水谷建設幹部の名刺を押収していたことが17日、関係者の話で分かった。同社元幹部らは、名刺の幹部が石川容疑者に5000万円を手渡ししたと特捜部に証言していた。
 石川容疑者は逮捕前の事情聴取に「水谷の人間とは会ったことがない」と供述していたとされ、特捜部は名刺を受け取った経緯について、詳しい説明を求めているもようだ。
 関係者によると、名刺は13日の家宅捜索で、石川容疑者の議員会館事務所から押収されたという。
 水谷建設の元幹部らは、昨年の事情聴取で、2004年10月中旬、東京都港区のホテルの飲食店で、石川容疑者に現金5000万円を渡したと供述したとされる。
 元幹部は、現金を手渡ししたのは、押収された名刺の幹部だったと証言。この幹部も、石川容疑者に現金を渡したことを認めたという。
 石川容疑者は、現金授受があったとされる日の次の銀行営業日に、同額を陸山会の口座に入金。この入金分を含む4億円を陸山会の土地購入代に充てていた。
 特捜部はこうした経緯から、土地購入代に水谷側の裏献金が含まれていたとみて捜査。ほかにもゼネコンからの資金が含まれる可能性があるとみて、胆沢ダム(岩手県奥州市)工事に参入したゼネコン各社から事情聴取している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<通常国会>野党、日程協議に応じず(毎日新聞)
千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き(読売新聞)
小沢氏の公設秘書、大久保被告の西松献金事件公判を延期 (産経新聞)
「人間に番号つけるのは牛と同じ」 名古屋市長が「住基ネット」離脱表明(J-CASTニュース)
<小沢幹事長>23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
[PR]
by qikm3pdod7 | 2010-01-23 16:27


<< 滋賀の名神高速で5台が多重衝突... <参院>首相、従来主張繰り返し... >>